Blog

文字で伝える難しさ

 

最近すごーーーく感じるのですが

文字で伝えるって本当に難しいですよね。

 

鄭明析牧師は今、御言葉を文字で伝えています。

つまり、今は言葉では直接伝えることが出来ない為、文章を数え切れないくらい沢山送って下さって

それぞれの教会で御言葉を伝える役割を任された人が代弁しています。

 

 

私の話なのですがLINEって多くの人が

使ってるじゃないですか!

 

でも、あれ結構トラブル起こりませんか?

私は結構トラブル起こしてるのですが、、(笑)

 

文字って本当に伝わりにくい!!

こうしたい!こうしてほしい!って話を

LINEでやったら

結構な確率でバチバチします

心が傷付いたりとか傷つけたりとか

怒らせたりとか怒ったりとか

うちの教会の人とよくやってしまいます。笑

普通に話したら全然そんな事起こらないんですけどね!!

話せばすぐに終わる事なのに

何故かLINEでそういうやり取りをすると

お互い心が苦しくなるんですよねTT

(LINEというかSNS全般ですね)

ほーーーんとうに難しい!!!

 

いつもバチバチなりそうになったら

私はすぐに電話してしまうのですが

電話すると和やかな雰囲気で

直ぐに解決されます(笑)(笑)

 

「なーーんだ話せば簡単」っていつも思ってます。

対話しなさい

 

と、いつも鄭明析先生は言われるのですが本当にその通りだなって思います。

 

文字って不思議ですよね。

その人が全然怒ってなくて丁寧に文章書いてるだけなのに

話す雰囲気と違う為に冷たく感じたり

怒ってないのに怒っているのかな?って感じたり

顔文字や絵文字が無くなったりしただけでも

「あれ?気分悪くしたかな?」って考えちゃいます

いつものLINEは〇〇な雰囲気なのに

今日は違うなーーーって、、

 

人間って普段慣らされている感覚と少しの差を感じただけで、違和感を感じますよね。

凄く敏感で凄く繊細だって思います。

 

やっぱり直接話すのが良い!

会って話すと尚良い!!

会って話せば声の雰囲気や表情で

その人が言わんとする事が理解できるし

話す側も相手の表情を見ながら

理解出来ているかを把握しながら

話を進めることができますよね。

 

そんな経験から考えさせられることは

本当に鄭明析先生は沢山考えながら御言葉を書かれてるんだろうなって事です。

 

いつも文字で伝えられるので

どの様に表現したら正しく「神様の心情」は伝えられるのか?

どの様に表現したら御言葉で言わんとしている事を伝えられるのだろうか?

という気持ちがいつも伝わってきます。

ほーーーんとうに詳しく教えて下さり

分かりやすいように比喩も使って下さり

沢山の色々な表現を使いながら教えて下さります。

 

でも、それって簡単じゃないですよね。

説明をしようとすればするほど

文字を沢山書かないといけないし色々な表現を考えないといけないし

めちゃくちゃ大変だと思います。

私の経験ですが手書きレポート提出とか

めちゃくちゃ大変でした(笑)

手が文字を書いていて痛くなって来て

「もうこれ以上書きたくない!休憩してから書こう」という風になりました。笑

 

しかし、鄭明析先生は私みたいに休むことはせず

ひたすら御言葉を書かれてます。

手が痛くなったらマッサージしたり

痺れたら冷水に手をつけたりし、

色々な方法を駆使して手を使えるようにもがきながら御言葉を書き続けられています。

文章量が膨大すぎて休憩を取っていたら書けないだろうということが容易に想像できますね。

 

そして、話して伝える事と文字で伝える事での消費する時間の差はとても大きいです。

 

だから、文字じゃなくて直接伝えられる事って本当に大事だなって思います。

 

いつも、私たちに正しく伝えられるように努力し続けて下さる鄭明析先生に感謝するしかありません。

 

 

私自身も、ブログにて文章で伝える機会が多いので、上手く伝える事ができる人になれるように、鄭明析先生から日々学びながら頑張ります^^*

 

関連記事一覧

カテゴリー

最近のコメント