Blog

錯視現象について

<目の錯視>と<考えの錯視>がたくさん起こる。

<考える時>は良いと考えたのに「実体」は違った。これは「考えの錯視」を起こしたことだ。

 

鄭明析牧師2017/10/24明け方の箴言より

 

人って錯視よくしますよねー

 

人の脳って面白い!!

錯視絵有名な簡単な物書いてみました!

ミュラー・リヤー錯視ってやつなんですが

1度は見たことがあるのでは??

 

 

真っ直ぐに水平に書かれている

線のみを考えてみてください!!

<>の所は除いて考えて下さい!

2つの線がありますが

どちらが長いでしょうか???

 

答えは、、

 

 

 

 

 

一緒の長さなんです!!!!

 

ぱっと見た感じでは

下の方が線が長く見えてしまいますが

実際は目で見たのとは違い

同じ長さなんです。

 

この様に考えの錯視も良く起こると

鄭明析牧師は教えて下さりました。

 

考えと実際は本当に違うことが多い。

本当に確認することが大事ですね!

先程の図も目で見たら

下の方が長く感じるけど

確認するために左右に線を引いてみると

あ!こういうことだったのか!!

っていうことが分かります。

私達が生活の中で何か間違った考えはないのか

間違って判断してることはないのか

何か目の錯視現象みたいに

考えの錯視が起こってないのか

改めて考えさせられる御言葉でした

これからも考えていきたいです^^*

<錯視>が起こると、同じものでもはるかに良く見え、良いと考える。

 

<錯視>が起こると、同じ広さでもはるかに広く見える。だから確認しないと皆、騙(だま)される。確認して比較してみなさい。

 

人々が「これがもっと良い」としきりに言ったら、小さくて今一つな物も、「考えの錯視」が起こって、もっと良いと信じるようになり、それを選択するようになる。

鄭明析牧師2017/10/24明け方の箴言より

 

人にどうこう言われるから決めるのではなくて、自分の考えをしっかりもって、御言葉で判断していきたいですね^^*

関連記事一覧

カテゴリー

最近のコメント